CoinCheck問題について思う事。


仮想通貨というキーワードがやっと市民権を得てきたところで起きた今回の事件。
Mt.Goxの件と同様完全に運営の知識不足によるヒューマンエラーで仮想通貨そのものについては全く非は無い訳ですが、世間に与えた影響はMt.Goxの事件以上。
仮想通貨の事を何も知らずに出川のCMで飛びついた人達には衝撃的だったのかもしれませんが正直「またか、また日本か…。」という印象。
リアルタイムでポジション取ってた私としては正直「何事か!」と思いGoogleやTelegramで英語ソースのニュース探しましたが特に何も見つからず。
ツイッターで「仮想通貨」と検索したらこちらのツイートが。

仮想通貨には非が無い事は分かっている戻るだろうとは思ったがすぐには底が見えそうになかったので損切。
予想を超える速度で半日後にはBitcoinは下落前の水準に戻ってるし、Etherumに関して言えば下落なんかなかったかのようにじわじわと高騰。


BTC/USDT on Binance(30分足)


ETH/USDT on Binance(30分足)
※赤丸がニュース発表時

とまぁ日本の仮想通貨界隈にそれなりの衝撃を与えたニュースだったけど仮想通貨自体には大した影響は無かったみたいです。

なぜ起きたのか

この事件のキーワードとなっているのは「ホットウォレット(コールドウォレット)」と「マルチシグ」。

まずコインチェックは公式の説明にて顧客の仮想通貨は全て「コールドウォレット」に保存していると謳っていました。
コールドウォレットとは言ってみればオフラインウォレットです。
その媒体は文字列の記してある紙であったりスタンドアロンのデジタルデバイスだったりと色々形はありますが、事実上機械的なハッキング(※)は「不可能」な保存方法です。
※ソーシャルエンジニアリングやフィッシングで盗まれる可能性はゼロではありませんが。

ですので高額な仮想通貨を所有している人は個人でもコールドウォレットを作成して保存するべきです。
特にガチホ勢やリスク分散をしたいのであれば取引所に預けるのではなくコールドウォレットでの保存が推奨。
コールドウォレットの作成方法は知りたければ自分でググってください。
使っていると謳っていたのに使っていなかったので完全にアウトです。
訴えられてもしょうがない。

次にマルチシグですが、こちらのツイートの説明が分かり易かったので引用させていただきます。

RPGでよくある「封印を解くには四天王全員倒せ」的な奴ですね。

これなら一人倒しても(一つ漏洩しても)封印(ウォレット)は開きません
セキュリティに万全を期すならば使っていて当然の技術なんですが、こちらも使ってなかったみたいです。
残念ながら擁護のしようがありません。
Bitflyerは上場が控えてたようですし、他の

以前2chにこんな書き込みがあったみたいです。

正に分かっていた人は分かっていたんですね。

私も一応日本の大手であるGMOコイン、Bitflyer、CoinCheck、Zaifのアカウントは持っていますがこの中で金融庁の許可が無いのはCoinCheckのみ。
根拠はないけど私の中の信用度としてはBitflyer(社長が元金融屋で規制の厳しいヨーロッパでも認可されている)≧GMOコイン(FX等でも実績があるしIT企業としても日本有数)>Zaif(金融庁の許可あり)>>>>CoinCheck(リクルート系出身だから営業やらマーケティングは上手いんやろなぁ)位の認識でした。
今はツールやアプリの充実しているBinance 1本で取引していますが、本人確認が終われば特殊注文のできるGMOでも取引しようと思ってます。
英語のUIが苦手だったり世界最大手だけど海外の取引所が信頼できないと思う方はGMOかBitflyerをお勧めします。

今後について

世間では新しいものが嫌いだったりテクノロジーを忌み嫌う方々がどや顔で「ホレ見たことか!」と息巻いていますが仮想通貨全体からみたら今回の事件も大した問題ではなさそうです。
今回盗まれたNEMも円建て全てで戻ってくるようですし、取引所もユーザーもセキュリティに関して改めて考えさせられる機会となったので結果としては良かったんじゃないかと思います。
雑音に惑わされる事なくやりたいようにやればいいと思います。但しひろゆきなんかも言ってますが私自身も含め「良く分かってない物に手を出すのは危険」だという事をしっかりと認識するべきだとは思います。トレードに夢中になるのもいいですが、仮想通貨そのものの魅力についてもきちんと知る努力をすることも大切です。CoinCheckに関して言えばこれだけ痛い目を見たのだからしっかりとセキュリティを見直してくれると信じてます。
ユーザー宛てに送られてきたメールの画像、貼っときますね。

事後処理に関してのみ言えば今迄の取引所ハッキング被害と比べても凄い神対応だと思います。
やっぱりリクルート系出身だからこういうところは上手いんやろなぁ。27歳和田社長には踏ん張ってほしいですね。

You May Also Like

About the Author: DoubleU

Leave a Reply

最初のコメントを頂けますか?

更新通知を受け取る »
avatar